児童扶養手当がもらえる条件

児童扶養手当がもらえる条件

児童扶養手当についてご説明します。
児童扶養手当とは、両親の離婚などで父親または母親の一方からしか養育を受けることが出来ない児童の健やかな成長と、家庭生活の安定・自立の促進のために地方自治体から支給される手当のことです。
児童扶養手当がもらえる条件は、両親が離婚をしている、父親または母親が死亡している、父親または母親に重度の障害がある、父親または母親が1年以上拘禁されている、孤児などです。
ただし、児童が児童福祉施設に入所したり里親に委託された場合は手当は支給されません。
また父親・母親・養育者が公的年金給付を受けることができる場合や内縁関係などの事実上の婚姻関係がある場合にも手当は支給されません。
支給額は児童の数や所得によって変わってきます。
年に1回、児童の養育状況や前年の所得などを届け出る必要があります。
児童の数が増減した場合にも届が必要です。
児童扶養手当を受けるには、自分が住んでいる市区町村に申請をする必要があります。
申請後、受給資格があるかどうか、都道府県や市などが審査を行い支給の可否を決定します。
支給が決まると、毎年4月・8月・12月に受給者が希望する金融機関に4ヶ月分ずつまとめて振り込まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メニュー


Copyright(C) 2014 父子家庭がもらえる父子手当と支援 All Rights Reserved.